子供の成長を祝う行事で、11月15日に行われます。もともとは徳川第5代将軍の徳川綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈って始まったと言われています。この七五三は、数え年で行われていましたが、近代では満年齢で行われるようになりました。現代では3才と7才が女の子のお祝い、5才が男の子のお祝いですが、昔は、3才の時は男女ともに行っていました。

3歳:「髪置きの儀」。男女とも行う。江戸時代は3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。

5歳:「袴儀」。男の子が行う。男子が袴を着用し始める儀。

7歳:「帯解きの儀」。女の子が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

 昔は、医療も発達していなかったので、子供が生まれてすぐに亡くなるケースが多かったようです。そこで、3才、5才、7才まで育つと一家の最大の喜びであり、一族で祝ったのが発端です。

 
 未来を背負う子供は一家一族と国家の宝です。皆で大切にしなければ一家にも国家にも未来はありません。

                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館

七五三*        2014. 11. 15 更新