「算命学」の「命」は、天命とか使命を意味します。また「算」は、推し量るという意味。つまり誕生日を基にして各人の天命や使命を推し量り、この世でどう生きるべきかを知る学問です。

 これを小さく使えば、人間個人が、この世に生まれてきた時に天から与えられた役割を知る事が出来、個人の開運に役立ちます。また大きく使えば、会社組織や国家のこの世における使命を読む事が出来、その組織がいつ伸びるのか、あるいはいつ低迷するのか、その理由と対策などを知る事が出来ます。

 算命学で知る事が出来るいくつかの例を下記します。

「個人」

1)本人の性格や特徴、人柄
2)運の良い時期と悪い時期
3)運の悪い理由と、その避け方
4)結婚の時期、そして相性
5)配偶者運、子供運の有無、親子の相性
6)天中殺の時期と気をつける事
7)病気運や事故運、その避け方
8)財運や名誉運の巡る時期
9)人生を好転させる法則

「国家や企業など」

1)国家の運気と特徴(時代論)
2)企業の運気と特徴(時代論)
3)組織の幸運の時期と不運の時期
4)その組織の運命上での特色
5)組織の天中殺現象
6)組織内の効果的な人事構成
7)新しい事業の展開の時期や善し悪し
8)後継者の育成方法
9)後継者へのバトンタッチの時期

等々、これらは算命学で知り得る一連に過ぎません。

 算命学は良く切れる刃物と同じです。使い方を間違えると人を殺めますが、きちんと使えば見事なお料理を造ります。算命学の本来の素晴らしさを知って頂き、ご自分とご縁のある方々が幸せになるよう、各自の人生を見事に開く手段として算命学を是非、活用して頂きたいと思います。

                           中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*算命学とは*
     2014.5. 9 更新