第一次安倍政権は、安倍晋三総理の病気が理由で1年で終わりました。あの時は父上(総理になれると衆目が一致していたのに病気で他界)の代わりの分。今回は安倍氏ご自身の運気で動いています。

 安倍総理の運気は今年と来年が極めて強運。世界のトップリーダーの中では一番強い運気です。次はドイツのメルケル首相。他のリーダー達の運気は低迷しています。またロシアのプーチン大統領は今年と来年が天中殺。それも海外を意味する龍高星の天中殺なので、海外問題で間違いやすい時期。苦しみます。今年は迷いの多い、そしてイライラする時期です。

 今回、ベルギーのブリュッセルで行われたG7(主要7カ国首脳会議)では、日本の総理としては、めずらしく安倍総理がリーダーシップをとりました。普段は日本についてあまり触れない、フランスのル・モンド紙が絶賛していたのには驚きました。

 まだ不確定要素が多いとは言え、北朝鮮に拉致されている日本人の被害者たちの多くが、今夏に帰国出来る可能性が高まっていると思います。また、対日圧力を強めてきた中国が、ここへきて経済の悪化、日本からの投資の激減に困惑して、日中の経済関係を立て直そうと軟化してきているようです。

 トップの運気がその組織の運の強弱に大きな影響を与えます。その運命の法則からすると、安倍総理の強運は日本にとっては有り難い事です。

                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館

*安倍総理は強運*    
2014.6. 12 更新