かつて、ある経営者から10名ほどの2歳の子供の誕生日を渡され、この中で一番素直そうな子はどの子ですか?と尋ねられました。養子にでもするのか、と思い、真剣に見たところ、後でわかったのですが、これらはすべて馬の子。

 将来、競走馬として育てる目的で、これから北海道へ行って購入したいので、どの馬を選ぶかを私に聞いてきたわけです。その方に言わせると、素直な馬ほどダービーで優勝する可能性が高いのだそうです。

 一見見落とされる、この「素直さ」ですが、実はこれは運命を語る上でとても大切なポイントです。人はプライドもあり、なんとか責任逃れをしたいが為に、何か事が起こると、いろいろと「弁解」や「弁明」をしがちです。場合によっては他人のせいにする事もあるでしょう。

 しかし、運命の法則からすると、素直に自分のミスを認め、謝罪をしてゼロから出直す人は、見事な運をつかみます。しかし、他の人のせいにしたり、言い訳や弁解ばかりして自分の非を認めない人は、必ずどこかで運気を落とします。

 運命の法則からすると、他人から指摘された時、自分の非を素早く素直に認める人の方が立ち直りが早いのです。サラリーマンなど、この尺度で見ると、将来、どこまで出世するかすぐに分かります。

 今夏の朝日新聞、慰安婦を日本軍が強制連行したと証言した吉田氏の内容が事実無根だとして訂正をしましたが、謝罪がありません。そして、強制はなかったかもしれないが、強制性はあったと言い逃れをしている。心からの反省がない、この一点を見ただけで、朝日新聞には未来がないなと断言出来ます。 
 
                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館

素直な子は伸びる*        2014. 9. 20更新