結婚とは男性(陽の気)と女性(陰の気)の交わりです。算命学では、陽の気と陰の気という異なる気の交わりで、新たな未来が生まれるとしています。ゆえに男女という異なる気の交わりで子供という新しい命が生まれるのです。

 では、男性と女性ならどういう組み合わせでもいいのでしょうか?答えはノーです。たとえば「強い人」を陽の気、「弱い人」を陰の気とすると、男性も女性も強い人(陽同士)だと、当初は恋愛ムードでうまくいっても、最終的には喧嘩別れしてしまう可能性が大です。

 また弱い人同士が結婚してもうまく行きません。片方が強く、片方が弱い方が質が違うのでうまくゆくのです。芸能界でも、同じ分野で活躍している男女が、恋愛結婚をするケースがあります。その多くは、途中で破綻しています。

 その理由は、芸能界という表舞台で、男女ともに活躍しているということは、共に陽の気、そして強いのです。その二人が恋人時代に外で会っている時はうまくいっても、家の中で一緒に住むようになると、陽の気のぶつかり合いで破局に向かいます。

 離婚の理由に「家の中に亭主(男性)が二人いたから」と言った芸能人カップルがいました。一方、山口百恵さんは、結婚当時スパースターでした。しかし結婚と同時に引退し家庭に(裏=陰の世界)に入ったから、良き家庭が築かれたのです。


                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*結婚は陽と陰の交わり*      2015. 11. 21 更新