「海難1890」という映画が封切られました。
これは9000kmという距離を超えて今なお深い友情で結ばれているという、日本人とトルコ人の感動実話です。

 1890年(明治23年)、帰国途上のトルコの軍艦「エルトゥールル号」が熊野灘で台風に遭遇し、座礁して大破。海に投げ出された乗員500名以上が暴風雨で命を落としたのです。

 そうした中、和歌山県串本町の住民達が命がけで彼らの救出にあたり、69名を救出。彼らが食事や衣服を提供し、自分達だけが生き残ってしまったという罪悪感にさいなまれるトルコ人を温かく見守り、その後、69名を無事にイスタンブールまで送り届けたという実話です。

 これには後日談あります。95年後1985年にイラン・イラク戦争があり、イラクのサダムフセインは、48時間後にはイラン上空の航空機を全て攻撃すると宣言。

 世界中の航空機が自国民の救出の為にテヘランの空港に殺到して救出する中、自国機の乗り入れのなかった日本は救援機を飛ばせなかったのです。また、自衛隊も国会の決議に時間がかかり、派遣出来ずにいたのです。

 その時、トルコの大統領の決断で、タイムリミット寸前でトルコ機が日本人を救出してくれたのです。当時、イランには600名を超えるトルコ人がいたのに、日本人を先に救出してくれた。なぜ?と当時思ったものですが、それが95年前の日本人の上記の美談があったと知りました。

 この映画は全ての日本人が絶対に観るべき映画です。

                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*日本とトルコの友好の原点*     2015. 12. 12  更新