算命学では、丙は太陽を意味します。太陽は明るい、そして温かい存在。そして申は稲妻の象形文字で、天からの意志が降りて来るという意味です。

 来年のポイントは日本国内の問題というよりも、海外にさまざまな問題が起こりやすいという点。とりわけ中近東を主にした問題と、中国や北朝鮮などアジアにもさまざまな問題が起こりそうです。
 
 その中にあって、日本の運気はとても高いのです。安倍総理の運気も悪くありません。いろいろあっても守護神に守られているからです。丙は太陽。日本の国旗も日の丸、すなわち太陽です。来年は日本にとって良い年となりそうです。

 その中で個人が幸せになるには、太陽のような明るさと暖かさを意識する必要があります。すなわち、来年は人に対して明るく振る舞う。人には明るい言葉、温かい言葉をかけてあげる。そうする事のよって、天の神様から素晴らしいヒントやメッセージを得る事が出来ます。
 
 来る丙申年が、皆様にとって良き年となりますよう、お祈り申し上げております。

                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*来年は丙申年*       2015. 12. 19  更新