2月3日は節分です、もともと節分は季節を分けるという意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前日の事を言いました。江戸時代の頃より、とりわけ立春の前日、すなわち2月3日を節分と言うようになりました。
 
 今の暦では、1月1日が新年となっていますが、本来の東洋の暦では、2月4日の立春から新しい年となります。従って、算命学では、2月3日までの産まれの人は、前年の干支の生まれとし、たとえば今年の場合は、2月3日前の産まれの人は、甲午年産まれとし、また2月4日以降に生まれて初めて乙未年産まれとみなします。

 さて節分の夜には豆まきをします。豆まきをして鬼を退治する。この日の夜には「鬼は外、福は内」と言いながら、家々では豆まきをします。

 実はこれは迎春の儀式なのです。鬼は金棒を持っています。金属は作物を切り取るもの。豆は作物のスタート。春には作物を傷つける金属は不要。そこで豆によって鬼に代表される悪魔を追い払い、本年の五穀豊穣を願うのです。

 1月は丑月、2月は寅月。ちょうど1月と2月の間のあたりで節分があるために、鬼には牛の角があり、また虎の皮のパンツをはいているのです。そしてこの場所を鬼門の場所といいます。

 現代に伝わる儀式には、こうして算命学の陰陽説、五行説が活かされているのです。


                                   中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館

節分について      2015. 1.31更新