算命学では、太陽の昇る方角、すなわち東方を未来と考えています。五行でいうと、東は木性。そして守備本能の場所です。

 人は一人では生きてゆけません。自分を守るには、どうしても他の人の助力が必要です。

 すると、自分の未来を開くのは、自分の周囲の友人たちとわかります。つまり、いかによい人間関係を築くか、また、よき人脈をつくるかが自分の未来を開く鍵なのです。

 人間は人生の中で誰でも、一度や二度は奈落の底に落ちる時があります。それを直前ですくい上げてくれるのが「人脈」というネットです。これからは、今まで以上に友人や周りの人たちを大切にしましょう。
                                            中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*未来を開く鍵*      2016. 5.14 更新