今回のリオのオリンピック、日本は金メダルが12個、銀メダルが8個、銅メダルが21個。合計で41個は、過去最高の取得数。世界では米国、英国、中国、ロシア、ドイツに次いで日本は第6位。よく善戦したと思います。

 昔から国力が強い国は、スポーツも強いと言われていますが、今の日本の国力が強い事の証左です。昨年の私の算命学の予測で、このオリンピックで日本はメダルをかなり獲れると言っておきましたが、その予測の根拠は、日本国と安倍総理の運気の強さでした。

 閉会式には、次の開催国である日本から安倍総理と小池都知事が参加しました。小池都知事の着物姿もよかったですが、安倍総理のスーパーマリオに扮した登場の仕方には世界が驚き、絶賛していました。

 New York Times にも記事として好意的に書いてありました。今までの日本は真面目ながら古くさい印象がありましたが、今や世界で評価の高いアニメキャラや最新技術を駆使した演出に、2020年の東京オリンピックへの期待が高まりつつあります。

 個人的には、東京オリンピックと言えば、すぐに三波春夫の「東京音頭」を思い出し、またあの曲を聴きたいと思いますが、今度の東京オリンピックは一段とセンスの良い曲が作曲されるだろうと、大いに期待しています。

                                           
中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*リオのオリンピック*    2016. 8. 23   更新