9月9日は、重陽の節句です。江戸時代に重要な年中行事として五つの節句が決まりました。重陽の節句はその中の一つです。

1月7日 人日(じんじつ)
3月3日 上巳(じょうし)
5月5日 端午(たんご)
7月7日 七夕(しちせき)
9月9日 重陽(ちょうよう)

9という数字は奇数。奇数は縁起がいい。そして9は一桁の数字の奇数の中では一番多い数。それが月と日で重なるからめでたい日なのです。また、日本では菊の節句と言われて縁起の良い日です。

この日は一年の最後の節句ですが、この日の過ごし方が来年以降の運気を高めるきっかけになる日です。

ちなみに日本では末広がりの8という数字を大切にしますが、中国では9。親孝行の子供は親には毎回9種類のおかずを用意するそうです。これだけあればバランスが取れて身体に良いでしょう。

そして気功の練習も9が基本。また天安門広場などの門にある金属製のカップのような留め金も9個。

9という数字は大切にすべき数字です。とりわけ重陽の節句の9月9日は大切な日です。



                                           
中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*重陽の節句*    2016. 9. 9   更新