親日家のフランス人の友人に指摘されました。『日本は矛盾だらけの国ですね』と。

 憲法に陸海空軍を持たないと明確に書いてあるのに自衛隊三軍がある。普通の国なら、自国を守る軍があるのは当たり前。ならば憲法を書き換えるべきなのに、軍隊を持つと戦争になると思っているのか、改憲しない。国の基本の憲法に嘘があるのに、それを放置している。嘘を是認する不思議な国だ。

 また日本では民主主義の基本は少数意見を聞く事だと言う。民主主義の基本は多数の意見を聞いて実現する事であり、少数の意見に振り回される事ではないのに。日本人は本当に民主主義を理解しているのか?

 世界が激変しており、防衛、外交、経済が大変な時なのに、やれ森友だ、加計だと単なるスキャンダル問題だけで半年も費やし国会で議論。野党は安倍政権に悪印象を与える目的だったのかも。それは成功したかに見えたけれど、追求した野党も支持率が激減。与党も野党も誰も得をしなかった。国会を一日開くと莫大なお金がかかる。思い切り時間とお金を浪費して、皆が損。日本人は賢明な民族だと思っていたのに驚くほど愚かだった。と。

                                             中村 嘉男

 創設者高尾義政先生が日本で初めて公開した高尾算命学と高尾学館ホームページです。

高尾学館


*矛盾は不幸の入り口* 2017.8. 3 更新